Blog

ブログ


【オフィス・事務所編】デザインのコツ・相場

店舗デザイン・施工の株式会社アースラインです。

 

会社にとって、オフィス・事務所は家とも言える重要な場所。そしてそこには、経営者の理念や個性が表れます。

経営者が自らのビジョンを事務所に反映させることは、会社の方向性をはっきりと示すためにも重要です。

ただ、オフィスや事務所は、経営者の思いばかりが反映された場所であってはいけません。現場で働くスタッフが仕事をしやすいようにすることは、スタッフの士気が高まり、ひいては仕事の成果へとつながっていきます。

今回は、事務所デザインのコツや相場について紹介していきます。

仕事のしやすい導線づくりを

オフィスデザインにおいて、必要な機能を満たすことは大前提です。デスクの数や会議室の広さなどを含め、何人ぐらいのスタッフがどのようにそこで働くかというイメージを持って、オフィスの導線を組み立てていくことが肝要です。

会議はどのような感じで行うのか、スタッフ個々人のスペースはどのように設けるのかなど、イメージは具体的であればあるほどいいでしょう。

また、休憩をするスペースをどうするかをはじめにはっきりと決めておくことも重要です。小規模なオフィであれば、小さな応接セットをオフィスの片隅に置くだけで、休憩スペースや急な来客を迎えるスペースとなり、効率的です。

 

スタッフの意見も取り入れた快適なオフィス

人はそれぞれ、違った目線を持っているものです。スタッフ各人から意見を募ることで、経営者だけでは気づかなかったような視点から事務所づくりをしていくことができます。また、自分たちが働くオフィスを自分たちでつくっていくということは、士気の向上や会社自体への愛着へも繋がります。

特に、デスクや椅子、オフィス家具選びやレイアウトについては、スタッフの意見もできるだけ取り入れていきたいところです。候補を全員で選んでいく、というのもいいでしょう。

経営者が社員それぞれの意見をしっかりと受け入れ取捨選択していくことで、スタッフは「私たちの意見が取り入れられたオフィス」と感じ、快適で働きやすいオフィスになることでしょう。

 

かかるコストはこのくらい

そして、経営者の方が気になるのは、やはりコストでしょう。オフィスデザイン・施工に懸かる費用はまちまちですが、パーティションでシンプルに区切ってデスクと椅子を置く程度であれば、什器代も含め、坪単価5~10万円程度からで事務所をつくることができます。

しかし、社員に対する環境を考えたい、社外の人の目に触れるスペースにこだわっていきたいというオフィスづくりは増えてきています。確かに、空間やデザインに凝った会議室に案内されると、会社に対する好感度も高まります。暗く圧迫感のある空間に通されるよりは居心地の良い空間の方が好転的に商談も進むでしょう。ただ、質の高い什器をそろえたり、デザイン性を強く打ち出したりするような事務所をつくるのであれば、値段に限りはありません。ベースだけを設え、あとから追加していくようなことも可能ですので、まずは予算と相談しながら、理想の事務所をつくっていきたいものですね。

 

アースラインでは、ご予算に応じたプランを提案いたします

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。豊富な施工事例と確かな実績を持っております。デザインや施工だけでなく、立地調査や事業計画、資金の借り入れなど、開店前のお悩みについてもお力になることができます。

 

予算やイメージなどをお伝えいただければ、それに応じた事務所づくりのプランを、専門家の支店からご提案いたします。事務所移転や新規開所などの際は、お気軽にお声がけください。

 

関連する記事