Blog

ブログ


機器類のリース メリット・デメリット

新規開業時の開業資金を抑えるのに有効な、機器類のリース。
今回は、リースのメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

 

リースとは

 

まず、『リース』とはどういうことなのか、ご紹介します。
リース契約とは、必要とする厨房機器をリース会社が代わりに購入して、一定期間貸りるという契約です。

レンタルとリースとの違いは、
レンタルとは提供元となるレンタル会社が保有する資産を、ユーザーがお金を払い借り受けること
リースとは提供元となるリース会社が、ユーザーとの契約に基づいて商品を代理購入し、それを契約したユーザーに貸し出すサービスのことを言います。

もっと分かりやすく言うと、レンタルはレンタル会社が保有する在庫の中から借りたい物を選び、
リースは好きな物をリース会社に指定して代わり買ってもらい、それを借りるという事です。

レンタルは返却すればいつでも解約できますが、リースは原則、途中解約ができません。
必要なくなってしまった場合でも契約期間分の料金を支払わなければなりません。それどころか、途中解約となる場合、残高の一括支払いを求められます。

レンタルの場合は商品に不備がない限りは同じ商品を違う人が何度も借りることができます。しかし、リースの場合はリース会社が新品を購入してそれを貸し出すため、契約で定められた期間は借り続ける必要があり、ローンで支払っているのに近い状態となります。

また、リース期間が終了したら自分のものになるというわけではなく、その機器の所有権はリース会社にあり、再契約もしくは購入しなければ続けて利用する事はできません。

 

 

メリット

 

リースの最大のメリットは初期投資を減らせることです。
購入資金がかからず、月々の支払のみになりますので、その分 初期投資を運転資金に充てることが可能です。

また、もし機器を購入する場合、固定資産と見なされるため固定資産税の納付や保険料の付保などの経理事務処理が発生します。しかしリースの場合、機器を所有しているのはリース会社の為、そういった手続きはリース会社がやってくれます。さらに、月々での支払の為、経費として落とすことができるというのも大きなメリットと言えます。

 

デメリット

 

機器類をリースする事のデメリットは、購入する場合と比べて最終的に高額になるという点です。
月々の金額は高くなくても、最終的に支払う総額は高くなるのです。
初期費用を抑えられ、諸手続きや管理まで全てお任せできることも含めれば多少高額になることも納得できます。
金額や期間などの契約内容はリース会社によって異なりますので2社以上から見積を取り比べてみて、無理のない方を選びましょう。

また、先程も少し触れましたが、リース契約は途中解約ができません
やむを得ず閉店する場合や、何かの事情でリースした機器が必要なくなった場合でも契約した期間分の料金を支払わなければなりません。それも、残高の一括払いを求められる場合もあります。あらかじめ契約内容は細かく確認しておきましょう。

 

 

店舗を出店する際の初期費用を抑えるには、機器のリースは有効です。
しかし、結果的に支払う総額は高くなることや自分のものになるわけではない事は念頭に置いておく必要があります。

リースの契約期間終了と共に最新の機器にリース契約をしなおすことができる点や管理面でも楽な点など、メリット・デメリットをしっかり確認したうえで、どちらが自身に合っているか考えましょう。

 

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事