Blog

ブログ


【エステサロン編】入りやすい店舗デザインの特徴

店舗デザイン・設計施工の株式会社アースラインです。

エステサロンの集客で重要な鍵を握る店舗デザイン。
「非日常感」を演出し、居心地の良い空間としてお客様に感じてもらうことが大切です。

デザインの中でも特に重視すべきなのが、お店の顔であり、第一印象をつかさどる「ファサード(外装)」です。

今回はこの「ファサード」に注目し、入りやすいエステサロンの店舗デザインについて、解説します。

ターゲットによってファサードの色使いを変える


例えば、学生から4、50代の方まで幅広いターゲット設定のお店もあれば、大人の女性をメインに高級路線を打ち出すお店もあり、店舗ごとにターゲットは違うものです。

お店の雰囲気はターゲット層に好まれるようなものにするべきでしょう。

低価格帯のエステサロンであれば、リーズナブルな雰囲気が伝わるポップな印象を打ち出し、高級なエステサロンであれば、色使いをなるべく少なくシンプルかつ重厚感を意識したデザインにすると良いでしょう。

狙うべきターゲットに合わせ「ファサードの色使い」を考えることが重要です。

低価格路線の店舗の場合

低価格店のサロンでは、「清潔感」や「敷居の低さ」をアピールするために、白や薄いピンクなどの明るい色を前面に打ち出した外装にすると効果的です。

また、自然光は積極的に活用するべきです。自然光を効果的に使うことで、安心感のある暖かい雰囲気を演出できます。

高級路線の店舗の場合

高級店の場合は、重厚感のある落ち着いた色味を使用しましょう。

例えばチョコレートのような「濃褐色」を使用したり、白の外壁に「濃黄」の照明を当てたりすることで重厚感と高級感を演出できます。

使用する色は、「彩度(色の鮮やかさ)」を抑えめにすることがポイント。彩度が高すぎると、派手な印象を持たれやすく、”高級路線”というターゲットからは少しズレてしまいます。

もしお店のコンセプトとして鮮やかな色を取り入れたい場合は、一色だけアクセントカラーを使用し、使う色数を極力少なくするようにすると、その一色が目立つことでバランスが取れ、ほどよい高級感が生まれるでしょう。

コンセプトに応じてオリジナリティあふれる外観に


エステサロンにおいて、施術内容に独自性があったり、使用するオイルへのこだわりが強かったり、そういったお店も少なくないでしょう。

施術内容に独自性があるなら、外装にもそういった個性を前面に打ち出してお客様の興味を惹きましょう。

例えば、施術内容がバリ風のお店の場合は、アジアンリゾートを連想させる外装を目指します。
具体的には、外壁を白い壁に焦げ茶の木目で縁取りしたり、柱を焦げ茶色にたり、観葉植物としてアレカヤシやオーガスタなどを入口付近に置き、非日常な雰囲気を演出します。

周辺環境を見極めた看板を出す


お客様にお店を知っていただくために、看板を設置するのは出店の基本です。大きければ目立つ、それは間違いではないのかもしれません。

しかし、「非日常」を提供するエステサロンでは、何の工夫もない大きすぎる看板では、街中でよく見る「日常」を連想させてしまい、あまり好ましくありません。

人通りの多い場所や暗い場所での出店の場合は、照明を付けた看板を設置してお店の認知を促します。雰囲気を出すのにスポットライトで照らしたり、電飾で控えめに装飾するのも素敵ですね。照明付きなら、雰囲気も出やすく、集客に効果的です。

高級感を演出するため、リゾートホテルのようなファサードにするときは、大きな看板よりは、照明や字体で目立つような看板作りが好ましいでしょう。極力シンプルなものの方が高級感が出ますのでお勧めです。

また、施術メニューの看板も必要です。

サービス内容や料金を事前に把握してもらい、安心してご来店してもらうためにも、立て看板などを利用して施術メニューを掲示すると良いでしょう。

店内の雰囲気がわかるように、店内写真をイメージポスターにして張り出すことも効果的です。

店外に出す看板やポスターは、周辺環境に合わせ、お店のコンセプトに沿った内容にすることが非常に重要です。

お店の周りは何があるのか、人通り・明るさはどの程度か、これらを事前に把握し近隣の店舗や施設にも配慮しつつ、看板設置に取り掛かりましょう。

アースラインはエステサロンの店舗デザイン事例も豊富です

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。

デザインや設計施工だけでなく、店舗のトータルプロデュースも行っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

過去には、洋・アジアンなど、さまざまなテイストのエステサロンの店舗デザインや設計施工を手掛けており、知識と経験も豊富でございますので、エステサロン開業に関するさまざまな疑問にお答えできます。

おおまかな店舗のイメージをお伝えいただければ、ご希望に沿ったご提案をさせて頂きますので、開業の際は、ぜひアースラインにご相談くださいませ。

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事