Blog

ブログ


【エステサロン編】店舗デザインで考えるリピーターの増やし方

店舗デザイン・設計施工の株式会社アースラインです。

エステサロンに通うお客様は、キレイになるためだけでなく、日常を忘れてリラックスすることを求めている方も多いでしょう。
施術内容への満足度はもちろん、リラックスできたかどうかも、その後のリピートにつながる重要なポイントです。

そこで今回は、店舗デザインという側面から、「リピーターの増やし方」を考えていきます。

お肌もお店も「キレイ」が重要

実際にキレイになれる技術を保有していることはもちろんですが、サロンが清潔であることは絶対条件です。
髪の毛や糸くずなどはお客様の目につかないよう、頻繁に掃除することが重要です。

しかし、個人サロンなどになると掃除の作業時間がなかなかとれないことも多いでしょう。そこで、床を白やライトベージュなどの色にしてホコリを目立たせないデザインを施す、といった方法が取れます。白は非日常や清潔感を感じさせ、空間を広く見せる効果があるのでサロンや美容院などのリラックス空間で多く使われています。
床の色を工夫すれば、サロンを清潔に見せることもできるのです。

またトイレや洗面台などの水回りについては、水はねが気になります。水分を吸収する壁紙や、汚れが目立たない色味を意識した店舗設計が重要です。

リラックスできるサロンがリピーター増加へ繋がる

待ち時間も含め、サロンを出るまで非日常の気分にひたれるよう、魅力的な空間演出を施しましょう。
施術内容・サロンの特徴によって内装を決定することが必要です。

店舗設計を考える上で重要なのは、お客様目線で店舗デザインをイメージすることです。エントランスから入店し、施術を受け、サロンを出るまで、一連の流れに沿って店舗デザインを考えてみましょう。

エントランスはお店の雰囲気を感じ取ってもらうことが重要


エントランスはお客様にとって最初に目に映る場所であり、お店の雰囲気を感じ取る場所でもあります。入店を促す意味で、お店の雰囲気をお客様にわかりやすく伝える必要があります。

施術内容との一体感を出すため、お店のコンセプトに沿ったエントランスにすべきでしょう。高級感を演出するために、ホテルのロビー風の受付にすることも多いです。
その他にも、バリ式マッサージならアジアンテイストな家具や観葉植物を置いたり、タイ式マッサージならエキゾチックな民族感のあるインテリアで統一すると演出としてかなり効果的です。

また、エントランスが暗く、受付に人がいない状況だと、営業中なのか分からなくなり、お客様を不安にさせてしまいます。
そのためエントランスは全体的に明るい雰囲気にしましょう。高級感を出す場合には、光が漏れる壁面や光柱を使用すると効果的です。もちろん呼び出しベルを設置するなどの細かな配慮も忘れずに。

待合室は落ち着ける空間を演出するのが重要

お客様の待合スペースには、落ち着いた色合いでくつろぎやすいデザインのソファを置き、照明は暖色系のライトを使って空間を優しく照らしましょう。照明を工夫することで、自然で落ち着いた空間を演出できます。
BGMや映像などを使用するなら、お店のコンセプトに沿うもので、リラックス効果のあるものが好まれます。ゆったりとした時間を、空間全体で演出しましょう。

また、待合スペースからお手洗いへは行きやすいか、待合スペースから施術室が見えないように配置されているかなど、サロンの場合はスタッフ動線を簡潔にすることよりも、お客様への心遣い・配慮が大切です。

施術室はお店のコンセプトを前面に押し出す


まずはお店のコンセプトを明確にし、施術室のテイストを決定することが重要です。例えばアジアンリゾート調なのか、ハワイアン調なのか、コンセプトにより施術室のテイストも変わってきます。

施術室はオープンタイプと個室タイプの2種類があります。
オープンタイプというのは複数のベッド(施術台)が一つの空間にあるタイプで、2名以上のグループで同時施術も可能です。
個室タイプは、壁やカーテンで部屋が仕切られたタイプで、プライバシーを保護できます。

壁で部屋を仕切るとなると予算もかかりますが、お客様はまわりを気にせず、落ち着いて施術に集中できる、という大きなメリットがあります。しかし、広さによっては壁がある事により圧迫感を感じる場合もありますので注意が必要です。

 

お客様目線でリピーター創出へ

エステサロンにおいても重要なのは、いかにしてリピーターへ繋げるか という事です。
お客様に施術以外での満足感を感じてもらうために、試しにご自身で自店の施術体験をしてみるのもいいかもしれません。
もしくは、友人や家族などにお願いしてモニターになってもらうこともお勧めします。
素人目にしかわからないことに気づいてもらえるかもしれません。
経営者は、いうなればその道のプロ。どうしても玄人として全体を見てしまいます。素人にしかわからない意外な部分が出てくることもあります。
経営者が見落としがちな「お客様目線」を知ることで、店舗デザインや導線の再確認ができるでしょう。

エステサロンへの入店が、施術そのものの満足だけでなく、「リラックス」「特別な時間を過ごすことによる満足感」のような精神的な変化に繋がれば、リピーターとなっていただけるかもしれません。

アースラインはエステサロンの店舗デザイン事例も豊富です

アースラインは、店舗デザイン設計施工のエキスパート集団です。

デザインや設計施工だけでなく、店舗のトータルプロデュースも行っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

過去には、洋風・アジアンテイストなど、さまざまなテイストのエステサロンの店舗デザインや設計施工を手掛けており、知識と経験も豊富でございますので、エステサロン開業に関するさまざまな疑問にもお答え致します。

オーナー様のご希望に沿ったご提案をさせて頂きますので、開業の際はぜひアースラインにご相談くださいませ。

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事