Blog

ブログ


【飲食店・レストラン編】店舗デザインで考えるリピーターの増やし方

店舗デザイン・設計施工の株式会社アースラインです。

 

飲食店がリピーターを獲得し安定した経営をするためには、料理の味や接客はもちろんですが店舗のデザインは居心地にも直結してくる為、集客という点でもとても重要なポイントになります。
居心地の良いお店で食事ができ、サービス面でも満足できれば、また行きたいと思ってもらえるでしょう。

 

今回は「店舗デザインで考えるリピーターの増やし方」というテーマに触れていきます。

 

お店のコンセプトを明確にする

 

店舗デザインをする上で、まず打ち出したいのがお店のコンセプトです。外観から何のお店なのかが読み取れない飲食店は少々入りづらいですよね。そうなるとリピーター以前の問題になってしまいますので、まずは入りたい!と思っていただけるようなインパクトのあるファサードにすることが繁盛店への第一歩となります。

 

お店 コンセプト リピーター 増やす

コンセプトを明確にしたら、それに基づいて内装の方向性を決定し、使用する什器・インテリアを選んでいきます。

 

イタリア料理やスペイン料理、インド料理など、特定のジャンルのお料理を出している店舗であれば、それぞれの国に由来するものを揃えると、統一感が出ます。また、その国の出身者には祖国の空気間に触れて懐かしんでもらえ、そのお店に通うきかっけになるかもしれません。

 

スペースは余裕を持って

 

お店 スペース デザイン

飲食店の中でも、コース料理がメインの場合、お客様はお料理の味以外にも、特別な時間を過ごせるかということも重視します。ゆったりとくつろげるような空間づくりをするためには、お客様が使用するスペースに、ある程度の余裕を持っておきたいところです。

居心地という観点以外にもスペースとしては、スタッフの動線についても配慮しなければなりません。
スタッフ動線は最小であることが理想とされますが、動線を省略しすぎるとスタッフ同士の動きがかぶったり、すれ違いにくくなってかえって仕事の能率が落ちてしまいます。スタッフがバタバタとしているとお客様も落ち着けません。
レイアウトを組む際は、お客様やスタッフの動きを踏まえた上で、ゆとりを考慮し、動きやすい空間を考慮することが必要です。

 

顧客層を想定した店づくりを

 

お店 顧客 層 対応

どのような客層に向けて出店するかもデザインに大きく関係してきます。たとえば、比較的高い年齢層を想定しているのであれば、店内の段差を無くしたり、空間を見渡せるように分かりやすく配置するなど工夫をしましょう。

また、ファミリー層を想定しているならば、子ども向けの椅子を用意する事はもちろん、テーブル類の角を丸くしたり、汚れてもすぐに掃除できるような材質の什器を使いましょう。

お客様のニーズに合ったお店にすることは、「利用しやすいお店である」という印象につながります。利用しやすいと思って頂ければ、再来の可能性も高まるでしょう。

 

アースラインは、お店と利用者の双方にとって最適なお店をデザイン・設計施工します

 

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。豊富な施工事例と確かな実績を持っております。デザインや設計施工だけでなく、立地調査や事業計画、資金の借り入れなど、開店前のお悩みについてもお力になることができます。

 

アースライン 店舗 デザイン

特に、飲食店については和・洋・中、レストランからカフェ、バーまで、さまざまなジャンルのお店を手掛けておりますので、豊富なノウハウを元に、企画段階からお店の安定経営を見据えて、お店づくりをサポートしていくことが可能です。お店を出店される際は、ぜひお声がけくださいませ。

関連する記事