Blog

ブログ


【エステサロン編】店舗デザインの相場・費用

店舗デザイン・施工の株式会社アースラインです。

エステサロンという場所は、美や健康を求めるだけでなく、施術を通じて「癒やしの時間を体験する」という側面もあります。お客様に「癒し」を感じてもらうには、施術空間の雰囲気づくりが重要です。特に内装に関しては、開業前にしっかり考えておく必要があります。

そこで気になるのが内装デザインの予算・費用。内装工事や家具選びなどに力を入れすぎるあまり、予算を大幅に超えてしまっては、開業後の運営にも支障をきたしかねません。

今回は、エステサロン店舗のデザイン相場や費用についてどれぐらいかかるのかをまとめました。

エステサロン 開業 デザイン

物件選びの幅は広く、自宅での開業も可能

エステサロンの場合は飲食店や美容室などと違って、厨房機器やシャンプー台など、大型の専用設備導入が不要なケースがほとんど。そのため、必ずしも商業施設用の専門的な物件を選んだり、新たに大規模な設備工事を入れたりする必要はありません。
極端に言えば、マンションの一室でお店を開くことも可能です。

東京23区内でも、ワンルームマンション程度の広さを持つ物件を探すのであれば、家賃が10万円ほどの物件も多数あります。物件選びについては、他業種のお店よりもさまざまな選択肢があると言えるでしょう。

物件の予算として、マンションを借りる敷金・礼金などを想定しておけばイメージしやすいでしょう。さらにコストを抑えるのであれば、自宅の一室をサロンにする、という方法もあります。

エステサロン 内装 雰囲気

しかし、細かな店舗づくりを考えた場合、やはり店舗用のテナントを借りた方が利便性があります。最初は自宅で開業をし、資金が貯まったら専用の店舗を借りる、という事業計画もエステサロンの場合であれば可能です。

将来を見据え、スタート地点をどこに置くかは事前にしっかりと考えておいたほうがいいでしょう。

内装にどこまで力を入れるか

エステサロンは安らぎの空間として、非日常的な雰囲気を感じられる場にすることが重要です。内装デザインにはしっかり注力しましょう。

お客様がゆったりと過ごせる空間を作りあげるためには、クロスや照明、お香、防音処理など、さまざまな箇所で気をつかうべきです。

予算としては、少なくとも「1坪あたり/10万~15万」くらいは見ておきたいところですが、もちろん、それ以上予算を割けるならば、それに越したことはありません。

設備面でエステサロンに必要なものは、施術台や消耗品など。
これらはさほど高額なものではありません。施術台は中古で手配をすることも可能なので、全部で10〜20万円もあれば、ある程度のものがそろえられます。

エステサロン 内装 インテリア

マンションの一室なら50万~100万円が目安

エステサロンの開業については、「物件を借りるか否か」の部分で金額の開きが出てきます。もし自宅のスペースを使うのであれば、最低30万円程度からでも開業をすることが可能でしょう。

どういった雰囲気のサロンを開きたいのか、資金はいくらか、というような点さえはっきりさせておけば、お店を開くこと自体は比較的容易です。しかし、安易に開業するのはおすすめできません。
無事お店をオープンすることはできても、経営を維持し、営業しつづけていくのは非常に大変だからです。

開業前には、集客方法や運営モデルなどについてしっかりとプランを立て、無理のない範囲でメンテナンスにお金をかけていくのがいいでしょう。

アースラインはエステサロンの店舗デザイン事例も豊富です

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。
豊富な事例と確かな実績を持っております。

デザインや施工だけでなく、立地調査や事業計画、資金の借り入れなど、開店前のお悩みについてもお力になることができます。

エステサロン 内装 アースライン

過去には和・洋・アジアなど、さまざまなテイストのエステサロンの店舗デザインや設計を手掛けており、ノウハウを多数蓄積していますので、エステサロン開業に関するさまざまな疑問にお答えできます。

おおざっぱな店舗のイメージをお伝えいただければ、ご希望に沿ったご提案ができますので、エステサロン開業の際は、ぜひアースラインにお声がけください。

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事