Blog

ブログ


【居酒屋編】店舗デザインで重視するべきポイント

店舗デザイン・設計施工の株式会社アースラインです。

居酒屋経営者の方は、競合店が数多く存在するので、他店との差別化をどうすべきか、といったことをよく悩まれるのではないでしょうか。

もちろん料理や、サービス内容、立地、など、思案することは多岐にわたりますが、弊社アースラインがご提案したいのは「店舗デザイン」による差別化です。

入店のカギを握る外装、リピーターを創出するカギとなる内装、どちらも重要です。
今回は、居酒屋の店舗デザインで重視するべきポイントをご紹介していきます。

 

お客様に「安心感」を与える外装に

新規のお客様にとって、一番初めにお店を品定めするポイントが外装、いわゆるファサードです。数ある居酒屋から自店を選んでもらうため、ファサードには入店したくなる動機付けが必須です。
その際に重要なのが、お客様に「どんなお店なのかをファサードで伝える」ことです。

お店の情報を外装で十分に伝えよう

初来店のお客様にとって、お店のサービス内容をある程度外装から把握したいものです。外装で「どんな雰囲気なのか・どんな料理なのか・どれくらいの値段なのか」が伝わるように配慮しましょう。

外装の中でも特に重要なパーツが「看板」です。
お店のロゴマークやフォントなどで、どんなサービスなのか、どんなグレードなのかが、ある程度分かるとよいでしょう。具体的には、業態がわかるとイメージしやすくなります。例えば「割烹居酒屋」なのか「海鮮居酒屋」なのかが看板だけでわかると最適です。

また、視認性を高めるためにも、周囲の風景と同化させず、さらには競合店との差別化のためにも、看板の配色にも気を配りたいところ。
ほかにも、営業中であることをアピールするために、看板に直接照明を当てたり、看板文字を浮かび上がらせる「チャンネルサイン」をあしらったり、そういった工夫があると、より集客に効果的です。

看板だけでなく、玄関にメニュー表を設置したり、おすすめの品の写真を設置したり、お客様が料理やサービスをイメージしやすくすると、入店へとつながるでしょう。

 

にぎやかさでお店の雰囲気を伝える

安くて気軽に入れる大衆居酒屋を求めているお客様は、にぎやかなお店を好まれます。そういったニーズを鑑み、壁面をガラス張りにして店内のにぎやかさを伝えるお店が多く見られます。地下にお店がある場合は、店内写真を外に展示しておくと良いでしょう。

逆に割烹居酒屋などの場合、クローズドなプライベート空間を思わせる、割烹店にふさわしい落ち着いた空間づくりが必要です。提灯やのれんをうまく活用し、植栽を施すなど、昔ながらのおもむきを重視した外装は、独特の雰囲気を醸し出せるだけでなく、お客様には安心感をもたらします。グレードの高いお店でお客様が求める「安心感」と、大衆居酒屋に求められる「安心感」は別物なので、注意が必要です。

このように、自店のターゲットとなるお客様が、何を求めて来店されているのかを考えることが重要です。
料理や料金、雰囲気を含めたサービス内容と外装がうまくマッチすることを意識してファサードを作り上げましょう。

 

内装は「ターゲット」と「こだわり」を決めることが重要

居酒屋の売り上げは、稼働率と客単価で決まります。
また、お店として打ち出していくこだわりが、「安さ」なのか「産地」なのか「食材」なのか、それぞれをうまく伝える必要があります。

大衆居酒屋は「席数」と「効率」が重要

「大衆居酒屋」の場合は客単価が低いので、回転率を上げる必要があります。そのため、ある程度の席数を設けなければなりません。四人掛け席と二人掛け席の割合をどうするか、長テーブルやおひとり様にも対応可能なカウンター席はどの程度用意するのか、レイアウトを考えなければなりません。

また、スタッフの導線も考える必要があります。厨房からお客様への提供までを効率化できれば、より良いサービスの提供・人件費削減にもつながります。効率のよい店舗デザインは売り上げにも直結するので、店舗デザイナーとの密な相談を推奨します。

 

高級店では「落ち着ける空間づくり」と「こだわり」を押し出す

 

 

高級店の場合は、客単価が高いので、一組のお客様に長く滞在していただける、「落ち着ける空間づくり」が必要です。

個室を用意したり、床の間や襖、畳を使用したりするのはよくある手法です。
個室は、ホールとの差別化のために掛け軸などアート作品を置いたり、壁の一部に装飾を加えたりして、特別感を演出すると良いでしょう。

また、照明も落ち着ける空間づくりにとって重要です。
和風なお店では、フロア全体を照らす照明よりもワンランク上の光の質感をもつスタンドランプや灯篭を使って間接的に照明を当てると、ぼんやりと儚げな明かりで上品な演出を楽しめます。

そしてお店のこだわり(たとえば「地酒」「お肉」「魚」など)をうまく打ち出せるようなデザインを内装に取り入れると、お店の強みをうまくアピールできます。具体的にはネタケースを用意し、魚の新鮮さをアピールしたり、日本酒をディスプレイ装飾の一つとして陳列したりなど、手法はさまざまです。

お客様にお店を気に入ってもらえるように、落ち着いたこだわりのある内装づくりを心がけましょう。

 

アースラインは、お店と利用者の双方にとって最適なお店をデザイン・設計施工します

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。豊富な施工事例と確かな実績を持っており、デザインや設計施工だけでなく、立地調査や事業計画、資金の借り入れなど、開店前のお悩みについてなど、トータルプロデュースも行っております。

また、居酒屋以外にも和食・割烹、フレンチ、イタリアン、韓国料理、中華料理、アジア料理、ビストロパブ、バル、ダイニングレストラン、そば、寿司店、カレー店、浜焼き居酒屋、炭火焼きダイニングなど数多くの店舗デザインを担当した実績がございます。
お店のコンセプトに沿った店舗デザインをご提案させて頂きますので、是非お気軽にご相談くださいませ。

 

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事