Shop Building

アースラインの店舗づくり

アースラインの店舗づくりは、オーナー様との二人三脚体制でスタートします。
見落としがちな細かなポイントを、店舗づくりのプロが指南します。
私たちと共に、繁盛店を作り上げましょう。

Process

店舗づくりの進め方

専任の進行係を用意します。
些細なことや言いにくいことも、お気軽にご相談ください。

店舗を作る際、通常よく見られるのがオーナー様と設計者(デザイナー)との打ち合わせ。デザイナーはデザインにこだわり、いかに美観にこだわるかを最重要視するのが仕事です。

これは大切なことですが、ときにオーナー様のご希望と、デザイナーの意見との相違があることもあります。ここで必要となるのは「オーナー様の考え」と「来店客の声」を代弁することだとアースラインは考えます。

そこでアースラインでは、オーナー様とデザイナーとの間に立ち、すべてをスムーズに進めていく進行係としてディレクターがつきます。店舗づくりにおけるプロであるアースラインのディレクターが、オーナー様を全面的にバックアップします。

Check Point

  • ニーズを
    しっかり把握
  • スムーズな
    お店づくり
  • 資源を最大限
    に活用

オーナー様のお店づくりにおけるご相談、ご希望、お悩みなど、ニーズをしっかりと把握します。

オーナー様にかわって、出店におけるさまざまな雑務や複雑な手続き、打ち合わせの代行を行いますので、大幅に時間を削減することが可能です。よりスムーズな店舗づくりを実現します。

ディレクターは「お金をかけるべきところ」「少ない予算で仕上げるところ」をきちんと把握しています。オーナー様の大切な資金を最大限に活用することが、ディレクターの業務の1つでもあります。

オーナー様がお店をオープンされてから一番重要なのは、集客できる店舗であるかどうかです。
オーナー様とのお打ち合わせの時点より、来店客の人数とその満足度を見据え、
いかに来店客に100%満足してもらえるか、リピート数をあげていくか、
固定客を確保していくかなど繁盛店に繋がるご提案をいたします。

Flow

店舗づくりの流れ

お問い合わせ・事前調査(無料)

Step.1
お問い合わせ・事前調査(無料)

オーナー様からのお問い合わせがございましたら、ご都合に合わせ、お伺いする日のアポイントを設定します。

ご希望の出店地域がある場合は、お打ち合わせ予定日までに、事前に周囲の既存店の情報、街の特性を当社独自データにて調査します。

現地調査・お問い合わせ(無料)

Step.2
現地調査・お問い合わせ(無料)

ディレクターが、とことんお話をお伺いします。オーナー様のご希望、夢、イメージ、具体例など、何でもお聞かせください。

物件がまだお決まりでない場合は、今後どのように進めていけばよいか、さまざまなご提案をさせていただきます。物件の見極めサービスも行っておりますので、合わせてご利用ください。

物件がすでにお決まりの場合は、現場にて寸法、設備条件、看板条件、前面道路の状況を確認します。現場の人通り、客層、人の流れ(どちらからどちらへ来るのか行くのか)、同じ業種の店舗状況など、周辺の店舗リサーチをいたします。

Check Point

  • 現地調査の
    ポイント
  • お伺いする
    内容

物件はスケルトンと居抜き物件の2種類があります。

スケルトンの場合

排水管・排気口・電気容量・ガス管の経など必要最低限の設備が備えられる物件かを注意して見極める必要があります。

居抜きの場合

同じ業種の居抜きであればコストを抑えてオープンすることができます。しかし、5年以上使われていた設備だと実質はもう使えず、メンテナンスに費用がかかってしまうケースも。下見の段階で、しっかりと店舗の状況を確認する必要があります。

出店場所 地域は決めてある / この場所しかない / 何となく漠然と / できればこのエリアなど
業種 カフェ / ダイニング / アパレルショップ / バー / ラーメン店 / サロン / ペットショップなど
業務内容 営業時間 / サービスなど
店舗の規模 坪数 / ㎡ / カウンターだけ / 数十人収容できる店 / ストックを置くスペースが欲しい / 隠れ家のような規模など
イメージコンセプト 白を基調としたい / あのお店のような雰囲気 / モダン / 大人の隠れ家のような / 子連れ歓迎の明るい店舗 / 高級な感じ / ナチュラルで入りやすい /おひとり様でも気軽に来られるお店 / 地元の人が集まる店舗など
ご予算 坪単価20万〜100万 / 総額○○万円くらいなど
ターゲット 三十代女性、主婦、カップル、四十代ビジネスマン、シニア、若い男女など
ターゲットの単価 飲食店なら一人当たりのランチ / ディナー / 回転数など
平面レイアウト・ラフデザイン・お見積もり(無料)

Step.3
平面レイアウト・ラフデザイン・お見積もり(無料)

オーナー様から伺った希望や条件、コンセプトをもとに企画書を作成し、弊社内のデザイン担当、制作・施工担当と綿密に打ち合わせを行い、内容を精査します。その後、企画の内容に沿ってプレゼンテーション用の平面レイアウト、内装、外装イメージ写真などのデザイン案、お見積もりなどを制作します。

企画書・デザイン案・お見積もりが完成したら、オーナー様に対してプレゼンテーションを行います。当日は、ディレクターとともにデザイナーも同行します。ご納得いただけるまで、より具体的なご提案・調整を進めてまいります。

※ 複数の他業者によりコンペの場合も同様の流れで進めてまいります。

  • 平面
    レイアウト
  • ラフ
    デザイン
  • 現場調査をした資料をもとに既存図面を制作、レイアウトしていきます。
  • 来店客に与える印象を考えて、機器の位置や客席のレイアウト、トイレの位置など細部にわたり考えていきます。
  • 初回は平面ラフプラン、その後、外観・内装パース、仕上げのプレゼンテーションと打ち合わせを重ねていきます。
  • 平面プランからプレゼンテーションまで、オーナー様がご納得いかれるまで何回でも行います。
平面レイアウトサンプル1
平面レイアウトサンプル2
ラフデザインサンプル1
ラフデザインサンプル2
デザイン・設計(ご契約後)

Step.4
デザイン・設計(ご契約後)

アースラインのデザイン設計部は、オーナー様が心から納得する設計デザインを目標としています。

お店の顔である外観。何を売りにしているのか明確にしつつ、来店客が入りやすい雰囲気を創り上げます。 店内は、飲食店ならば、お料理やお酒をいっそう引き立てるような雰囲気を。 サロンならば、ゆったりとくつろげるような空間。お店の業種によって求められるコンセプトが変わります。

繁盛するお店は、来店客が判断します。優れたデザインとは来店するかた全てが、心地よく感じること。これが共通点です。

Check Point

  • デザイン設計部の業務
  • 工事着工後も調査をかけ、最終的に店舗が完成するまで打ち合わせを続けます。
  • 建築基準法対応、保健所や消防署等への新規開業の届出の手続きをいたします。
  • 施工において、現場での設計管理、定例の工程会議での進行状況の確認、現場でのご説明などをご報告してまいります。
  • 現場に図面通りの寸法でテープを貼ってシミュレーションを行い、実際の距離感を確認することがあります。
  • 飲食店の場合、写真やパースだとイメージが伝わりにくい場合には、他のお店や弊社施工店など、オーナー様のイメージに近いお店で打ち合わせすることがあります。
  • プレゼンテーションのみでは、店内に配置する家具や照明など、実際の光の出方や印象、また、すわり心地など分からないものは、ショールームや現物が置いてある店舗をまわって決めることがあります。
  • お気に入りの絵や置物をディスプレイされるご希望があれば最適な場所をご提案します。
  • ディスプレイ商品を、ご一緒に買い付けに行く場合があります。
  • お店のロゴ、ショップカード、リーフレット、メニューの撮影、製作も承ります。
  • オーナー様のイメージ通りのお店、ご納得のいく店舗を作り上げるために、工事の竣工からオープンまでご一緒に進めてまいります。
着工・施工管理

Step.5
着工・施工管理

デザイン・設計が固まったら、いよいよ着工です。

100%満足のいく店舗を目指して、着工から完成までスムーズ、スピーディ、かつ安全に工事が進行するようそれぞれの部門における一流のプロフェッショナルが担当します。

Check Point

  • 着工前の
    留意点
  • 着工中の
    留意点

工事に入る前に近隣へ配慮します

  • 工事内容・期間・現場管理責任者の名前、連絡先を記した挨拶文書を現場内外へ掲示します。
  • 現場管理責任者がご挨拶に伺います。

実施工程表(スケジュール表)を作成します

建物の設計図面をもとに、施工前の状況を把握します

現場管理責任者が、デザイン制作部と相談をしながらオーナー様のための施工図面制作、美観、強度、施工方法などを決めていきます。

内装

  • デザイン制作部と現場管理責任者が、設計図と実際の現場寸法を確認し、よりよい材料、つくりかたをプロの目で再検討します。
  • 居抜き工事の場合は、現在ある設備機器が使用できるかを確認します。
  • 工事にあたり、搬出入の手配を万全にします。必要に応じて、道路使用占有許可書、各官公庁へ申請業務を行います。
  • 搬出入時のトラブル、第三者災害を防ぐために経路の確認、保護などを検討します。

電気工事

  • 第一種電気工事士が、使用電気量を確認いたします。電力の増減があれば電力会社へ申請します。
  • 必要に応じて、電話、LAN、TVなどの配管経路を確認します。

空調(エアコン)、換気工事・ダクト(厨房排気)工事

空調、ダクトを設置する場合、必要な開口部を確認して、配管経路を確認します。

給排水衛生工事

給排水の取り出し位置、配管経路を確認します。仕様により防水工事も検討します。

  • 作業前は、設計・施工画面と現場を確認しながら打ち合わせをします。
  • 作業後は翌日の作業をスムーズに行うために確認、打ち合わせをします。
  • 現場内、外通路、共用場所、エレベーターなどに保護シートの設置(養生)を行います。
    (これは材料の搬出入時に支障、迷惑をかけないための配慮です。)
  • 設計図に基づいた現場内のレイアウト決め(墨出し)をいたします。
  • 内装は施工図を作成し、デザイン制作部と確認を取りながら工事を進行していきます。
  • オーナー様に工事過程がわかるように、写真撮影をいたします。
    ( 完成した内装部分、見えない部分もすべて撮影いたします。)
  • お引き渡し前に自主検査・社内検査を行い、不具合の対処を徹底して行います。
引き渡し・アフターフォロー

Step.6
引き渡し・アフターフォロー

立会いのもと最終確認をし、オーナー様へ引き渡します。引き渡し時に以下の6点をお渡しいたします。1.引き渡し証明書、2.実施図面一式(一部施工図面)、3.実施行程表、4.現場工事工程写真、5.照明器具ランプ、各所鍵リスト(メーカー・品番を記載)、6.機器類取扱い説明書・保証書

・各種機器の取り扱い、各所スイッチの説明をいたします。
・店舗内における今後のメンテナンスについてご説明いたします。
・今後の補修に備えて、塗料、壁紙、床材などの補修材料をお渡しいたします。

オープンしてからも、アフターフォローさせて頂きます。お気軽にご相談ください。

Services

アースラインのサービス