Blog

ブログ


【飲食店・レストラン編】店舗デザイン、設備工事の相場・費用

店舗デザイン・施工の株式会社アースラインです。

飲食店のオーナーにとって、自身の店舗には何よりも思い入れがあるもの。いくらでもこだわりたい気持ちはありますが、使える予算には限りがあり、なかなかそうはいかないものですよね。

そこで今回は、飲食店オープンの際にかかる店舗デザインと内装工事費、設備工事費の相場について、ご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみてください。

内装工事費は業態ごとの坪単価で概算をチェック


内装工事費は、業態ごとの坪単価を把握しておくと、おおよその目安が把握しやすくなります。
飲食情報サイトのぐるなびが2017年9月に実施したアンケートによると、各業態における内装工事費の坪単価は、以下のようになっています。

  • カフェ、喫茶店:27.2万円/坪
  • 居酒屋、ダイニングバー、レストラン:35.2万円/坪
  • 和食:50.3万円/坪
  • 洋食:32.8万円/坪
  • 中華:29.9万円/坪
  • 焼肉、鉄板焼き:123.0万円/坪
  • その他(カレー店、カラオケ店など):30.5万円/坪

カフェ、喫茶店は、メニューによっては本格的な厨房設備を必要としないため、坪単価は低めに。
和食料理店の場合は、「和の雰囲気」を醸し出すための内装にコストがかかり、焼肉や鉄板焼き屋さんは、各テーブルに排煙設備が必要なので、コストは高めです。

設備工事費も事前にチェック


また、飲食店に関しては内装工事に加え、電気や水道などの工事が必要なケースも多々あります。主な工事と費用は以下の通りです。

  • 電気工事(分電盤の新調、照明・スイッチ・コンセント・空調設備などの配線工事)
    80〜120万円
  • 水道工事(グリストラップの設置など)
    60〜120万円
  • ガス工事(ガス器具への配管工事)
    35〜40万円
  • 空調工事(エアコン・室外機の設置)
    80〜120万円

これらはスケルトン物件のケースです。建物や設備の状況によってコストが大幅に上がることもあれば、居抜き物件を使うことで、反対にコストを削減できるケースもあります。

3年での投資金額回収を目安に

内装のデザインは、いくらでもコストをかけられますし、逆に最低限に抑えることも可能です。では、おおよそどのくらいの金額を予算として考えればよいのか。

具体的な予算設定としては、経営プランと照らし合わせ、「3年で回収できる金額」を目安にするといいでしょう。できるだけリスクを抑え、無理なく経営を続けることを考えた上では妥当な線となります。

そこから必要、不必要を取捨選択し、しかるべきところにお金をかけて、お店をつくることが重要です。

予算をかけすぎずとも、コンセプトを伝えられるお店づくりは可能です。無駄を省き、シンプルにお店のカラーを打ち出していきたいところですね。

アースラインでは、予算にあった店舗づくりをバックアップします

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。豊富な施工事例と確かな実績を持っております。デザインや施工だけでなく、立地調査や事業計画、資金の借り入れなど、開店前のお悩みについてもお力になることができます。

飲食店の新規開業に関しては豊富なノウハウを持っています。内装のデザインや施工だけでなく、資金の借り入れや求人、広告といった分野までお力になることができますので、お困りの際はぜひご相談ください。

飲食店・レストランの関連記事

【飲食店・レストラン編】店舗デザインで考えるリピーターの増やし方
【飲食店・レストラン編】店舗デザインで重視するべきポイント
【店舗トイレ編】おしゃれに見せる内装インテリアのコツ

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事