Blog

ブログ


【店舗トイレ編】おしゃれに見せる内装インテリアのコツ

店舗デザイン・施工の株式会社アースラインです。

 

利用客に良い印象を持ってもらえる店舗をつくる上で、外観や内装同様に力を入れたいのがトイレです。トイレは用を足すだけでなく、身だしなみのチェックを行う場所でもあり、使い勝手の良い空間であることが求められます。快適なトイレ空間は、お店全体のイメージアップにもつながります。

 

今回は店舗のトイレをおしゃれに見せる内装インテリアのコツについて、紹介していきます。

 

使い勝手と居心地を両立

トイレは不特定多数が使う場所です。可能なかぎり、男女別でつくるのを前提に考えていきたいところです。見知らぬ異性と共有することに抵抗を覚える人は多いので、利用客に良い印象を持ってもらう為にもこだわりたいですね。

 

インテリアはあまり派手すぎず、落ち着きのあるものにしたいところです。「照明」に関しては、明るさを変えられるものにすると、利用客がいる場合と清掃・メンテナンスをする場合で使い分けられて便利です。「照明」以外には、壁や床の「色合い」や「素材」の組み合わせによっておしゃれなデザインにすることが可能です。

 

設備面では温水洗浄便座などを備えることはもちろん、手洗い後に手を拭くジェットタオルなどは設えたいところです。ジェットタオルはペーパータオルなどと比べて初期費用はかかりますが、ランニングコストは1/10程度で抑えることができます。

 

また、トイレに爪楊枝や綿棒、マウスウォッシュ、コットンといった簡単なアメニティーを用意しておくお店も増えてきています。特に女性客の多い店舗、デートでの利用が多い店舗などの場合は、こうしたものを用意しておくことで利用客への気配りをさりげなくアピールできます。

 

使用時だけでなく、メンテナンスまでを考える

 

トイレの機能面についても触れていきます。

 

トイレは年齢性別を問わず、すべての人が使う可能性があります。入り口の入りやすさから便座の高さ、乳幼児用の椅子や台を設ける、手すりをつけるなど、小さなお子さんからお年寄りまでのことを考えたつくりにしたいところです。また、水を流すレバーやボタンの位置等わかりやすくしたいですね。

 

トイレにおいて絶対に欠いてはならないのは清潔感。そのためにこまめな清掃は必須であることを考えると、掃除のしやすさというのも抑えておきたいポイントのひとつです。床を水洗いできるようにする、水が飛び散りにくい手洗いボウルにするなど、最初の段階で工夫をしておくと、後々のお掃除が楽になり効率的です

 

トイレのポップで利用客にPR

 

基本的にトイレというのは、一人で過ごすことが多い場所。そこでは自然と、まわりの様子に目がいきます。そこで、壁などにお店のPRポイントやカラーを打ち出すおしゃれなポップを掲示しておくと、目がとまりやすくなり、アピールにつながります。

 

内容としては、お店の予約番号や特典情報、企画の告知、店員さんからのメッセージなどさまざま。お酒を扱う店舗の場合、飲み会マナーや二日酔い対策などを出すのも効果的かもしれませんね。また、お店によっては近隣にある異業種のお店のチラシなどを出すことで、相互にPRをする、なんていう店舗もありますよ。

アースラインでは、トイレリフォームのご相談にも快く応じます!

 

アースラインは、店舗デザイン専門のエキスパート集団です。豊富な施工事例と確かな実績を持っております。デザインや施工だけでなく、立地調査や事業計画、資金の借り入れなど、開店前のお悩みについてもお力になることができます。

トイレのつくりやデザインについても、お店のこと、利用客のことを考えたスペース設計をすることができます。リフォームをお考えの際には、ぜひ一度お声がけください。

関連する記事