Blog

ブログ


【ネイルサロン編】内装デザインで重視するべきポイント

店舗デザイン・設計施工の株式会社アースラインです。

日本ネイリスト協会によると2015年時点でのネイルサロンの店舗数は24,450店舗と、全国的に増加傾向にあります。
ネイルサロンに通うお客様層は年代問わず幅広く、男性が通うこともあるようです。施術をする目的も日常的なものから自分へのご褒美まで、それぞれのお客様が様々な理由でネイルサロンに通います。

今回は、お客様を満足させるネイルサロンの内装デザインについて考えていきます。

 

 

清潔感を第一に

 

まず、基本的なことですが、お客様の美容に関わるサロンである以上、お店の中もキレイに整えましょう。施術メニューの価格帯やサービスがどのようなものであっても、清潔感は必要不可欠です。そのため、メンテナンスのしやすい建材を選ぶとよいでしょう。

内装は清潔感のある白を基調とし全体的に明るい印象にします。ただし、白はシミや汚れが目立ちやすい色でもあります。お店の印象を決定づけるエントランスやトイレは、清掃のしやすいビニールクロスやタイルなどを使用をおすすめします。

また、トイレはとても重要で、お手洗いでまた来たいか、もう来ないと思うかが決まるといっても過言ではありません。
清掃をこまめにすることはもちろん、手拭き用のタオルは毎日変えましょう。
お家では何日も同じタオルを使用する方も居ると思いますが、サロンでは絶対NGです。
気づかれないと思っても、お客様は意外と気づいています。

更に、細かな備品にも気を配りましょう。
分かりやすいところで言うと、例えばスリッパ。
毎日入れ替わり立ち代わり、いろんな人が履くお客様用スリッパは痛むのも汚れるのも早い為、半年に1回は買い替えることをお勧め致します。
スリッパを共有するのが苦手な人も少なくないですし、夏にはフットネイルをしにサンダルでサロンに来店するお客様も多いはずです。
汗をかく季節に素足でスリッパを履けば、早く汚れてしまうのも仕方ありません。
除菌・消臭スプレーなどもこまめにしてしっかりニオイ対策をしましょう。

 

居心地の良いネイルサロンを目指す

 

 

「施術だけでなく、空間や居心地に満足できるようにする」ことを意識しましょう。

そのためには、施術中だけでなく待ち時間からお客様にリラックスしてもらうことが重要です。
お客様をお待たせする場合、ゆったりくつろげるソファを用意したり、ハーブティをお出しするなど、のんびりできる ” 時間 ” を提供しましょう。

お店の雰囲気はもちろんのこと、予算を考慮して施術中の快適さも重視したいところです。
機能面で最重要視したいのはイスです。
ネイルサロンでは長時間座ることになるので、デザインだけではなく座り心地の良いものを選ぶことが大切です。
サロンその物の居心地を左右する大切なアイテムですので、思い切って予算をかけてもいいでしょう。

 

 

また、開業する場所やコンセプトによって居心地の良さの種類が異なります。
例えば、完全予約制で都心のビルの一室にあれば、プレミアムな空間を演出することで日常の喧騒から離れ、その空間にいること自体に特別な価値を感じて頂けます。
他にも、自宅サロンであれば、家庭的な空間を提供することで、お客様は緊張せずにリラックスして施術に臨めます。
この様に、サロンのターゲット層・コンセプトによって内装やインテリア、サービスが大きく異なります。コンセプトに惹かれて通うサロンを決めるお客様も少なくありませんから、コンセプトは明確にする必要があります。

 

施術を行う場所を個室にすることで、お客様同士がお互いを気にすることなく快適な時間を過ごせます。
スペースや予算面などで個室を設置することが出来ない場合は、席の間隔を広げたり、パーテーションで区切ったりするのも良いでしょう。

 

口コミやSNSで広がるようなデザインに

 

「写真を撮って自慢したい」と思わせるようなデザインにすることが売り上げ向上への近道です。来店したお客様から、口コミやSNSで広まるような店舗デザインを目指しましょう。

口コミやSNSで広めてもらうためにも、デザインのコンセプトは一目見て分かりやすいものが好ましいです。施術後にSNS用の素敵な写真が撮れるブースを用意するのもいいでしょう。
ターゲット層を明確にすることによって、「かわいらしい」「高級感がある」「アットホーム」など、自ずと内装のデザインが決まってくるでしょう。

 

参考記事
【ネイルサロン編】店舗デザインの相場・費用

アースラインはサロンの施工経験も豊富です

 

アースラインは、店舗デザイン設計施工のエキスパート集団です。

予算に応じたデザインの相談も承りますので、お気軽にご相談ください。多種多様なサロンの店舗デザイン・設計施工を手がけており、知識と経験も豊富です。
ネイルサロンの開業をお考えなら、アースラインにおまかせください。

 

株式会社アースライン
株式会社アースラインです。お知らせなどを発信しています。

関連する記事